Senior Information先輩情報

海外勤務笠井 沙織

ロンドン事務所
産業社会学部 メディア社会専攻
国際インスティテュート卒業
2011年度入構

欧州に向けた日本ブランディングに参加。
制作映像がSNSで拡散し、
目に見えるフィードバックに感動。

入社動機

インバウンドに関わりたいと思ったのは、京都での大学生活中に外国人ゲストハウスでアルバイトをしていたときの経験がきっかけでした。さまざまな国から訪れる旅行者を迎え入れるうち、もっと彼らの役に立ちたいと思い、インバウンドへの関心が高まっていきました。
アルバイトの業務で役立てるため、外国人旅行者向けの観光情報ウェブサイトや統計資料などを見て勉強するうちにJNTOの存在を知りました。自分が日本で生まれ育った日本人であることを活かし、そして誇りに思える仕事がしたいと思っていたこともあり、外国に向けて日本を発信していくJNTOはピッタリだと考えて志望しました。

現在の仕事内容

ロンドン事務所では、プロモーション事業実施のほか、経理等の事務所の管理に関わるなど幅広く業務を担当しています。
プロモーション事業では、英国からの訪日旅行者数を増加させるだけでなく、既に知られている日本の魅力のほか英国人にとっての「新しい日本」の魅力を広めるため、現地企業やローカルスタッフと連携しながら、主に英国の一般消費者に向けた訪日喚起広告や、現地メディアの訪日取材支援を行っています。また、国際会議や企業の報奨旅行といった、いわゆるMICEの日本誘致のため、欧州の見本市に出展し欧州のバイヤーとの商談やイベント等を通じて日本をPRするなどもしています。
事務所管理業務では、日々の経理のほか、事務所全体の予算管理、ローカルスタッフの採用・雇用管理、ウェブ・IT管理など、事務所の円滑な運営を影で支えるのが仕事です。

仕事の面白さと難しさ

仕事のやりがいは、人をインスパイヤできることだと思います。
その方法は様々ですが、自分が関わった広告事業やメディア支援のほか、見本市での商談や日々事務所を訪れる方々に日本を直接紹介することができ、それがきっかけでその人やその家族・取引先の人々の旅行先が日本になったり、日本の中でも今まで知らなかった場所やコトを体験するきっかけになったりと、そのお手伝いができるのはとてもやりがいがあります。
一方で、海外で働くからこその困難ももちろんあります。担当業務上、当地の弁護士と難しい話を全て英語で行ったり、英語の契約書をしっかりと理解しなければならないことや、事務所運営の中で英国の法律や独特のシステムなどを理解する必要があり、初めは難しいと感じることもありましたが、逆に日本ではできないことなので貴重な体験だと思って取り組んでいます。

忘れられないエピソード

欧州でプロモーションをする中で、他国に比べて日本はブランディングが弱いと感じることが多くありました。ブランディングには以前から興味があり、個人的に当地でセミナーに赴いたり本を読んだりと勉強していました。
そんな中、昨年、本部や他の欧州事務所と連携して、欧州に向けた日本ブランディングを立ち上げることになり、数ヶ月にわたって取り組んだ後、2016年11月にお披露目することができました。欧州のクリエイターと組んでブランディング映像を制作したり、ブランディングを使った屋外広告などを実施したりと、多くの人の目に触れること、そして、SNSなどを通して拡散し、それがきっかけで日本を好きになったり、日本に行ってみたくなったなどのフィードバックを見られたときには非常に嬉しかったです。ウェブでも見られるので、ぜひ見てみてください!

http://visitjapan-europe.jnto.go.jp/

これからの目標

私が入局した頃に比べてもインバウンドという言葉は広く認知されるようになり、大変ありがたいことに、現在ではたくさんの方々が様々な形でインバウンドに取り組んでくださっている中、「JNTOだからこそできることは何か」ということは心にとめておかなければと思っています。私自身、今の事務所に赴任してから初めて海外プロモーションに携わることになり、まだまだ勉強が必要ですが、今現場にいるからこそ手にできる情報、感じられるトレンドなどにアンテナを張り、型にはまらないクリエイティブな姿勢でプロモーションに取り組んでいきたいです。

1日の流れ

  • 08:20

    事務所に向けて出発。地下鉄に揺られながら、到着したらやるべきことを頭の中で整理。

  • 09:00

    出社、メールチェック。時差の関係で日本からのメールが溜まっているので、その対応。

  • 11:00

    現地パートナーとのミーティング。情報交換や今後の連携内容について相談。

  • 12:00

    昼食。

  • 13:00

    会計作業(請求書の支払い等)や予算整理

  • 15:00

    所内ミーティング。次年度の事業計画のアイデア出しをしながら案を作っていく。

  • 17:00

    終業まで1時間、日本側に連絡すべきことの漏れがないか等の整理・対応。

  • 19:00

    退社。事務所近くのジムで一汗かいたあと、帰宅。

私の「つながり」

私の「つながり」

私の繋がりは、同じ事務所のローカルスタッフのみなさんです。
彼女たちの力なしでは、JNTOの海外プロモーションは成り立ちません。知識とアイデア(そしてユーモアも)に溢れていて、仕事への姿勢などの「オン」も「オフ」も尊敬できる、そんな彼女たちと働ける私は本当にラッキーだな!と日々感じさせられます。同僚でありながら、私のロールモデルで、私がロンドン事務所で仕事をする上で、良い影響を与えてくれる大切な存在です。

PAGE TOP