日本の魅力を、日本のチカラに。JNTO 日本政府観光局

  • TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

新入職員からのメッセージ♪                   ~私たちこんなことしています!~その5

カテゴリー:JNTO職員紹介

投稿日:2016年4月27日

作成者:JNTO採用担当者

就職活動中の学生の皆様、初めまして。
1年目職員の末 遥奈(すえ はるな)です。
4月に入構したばかりの新人ですが、今感じていることや、就活で悩んだり迷ったりしている皆さんの力になれるようなメッセージをお伝えできればと思います。

私は今年入構した6名の中で唯一の観光学部出身です。日本の経済活性化に貢献できる観光業界に、特にインバウンドに携わりたいという思いが以前から強く、業界を絞って就職活動をしていました。
大学在学中にアメリカ留学を経験し、日本の魅力を再認識すると同時に、異文化交流の持つ民間外交のパワーをもっと広めたいと考え、辿り着いたのがJNTOでした。インバウンド事業は最近急増しておりますが、そもそもの「日本」を旅行先の選択肢としてアピールできるいわば「きっかけ作り」に携われるのはここだけでした。インバウンド事業のトップで、公的機関の一員として活躍できることが何よりも嬉しく、今は夢の仕事に就くことが出来た喜びで一杯です。

その期待は入構した後も変わらず、職場の穏やかで和気あいあいとした雰囲気の中楽しく、充実した毎日を送らせていただいております。最初の配属先は海外プロモーション部の事業統括グループというところで、主にJNTO海外事務所や在外公館、地方との連携を受け持ち、ビジットジャパン事業の取りまとめや資料の作成を行っています。
初日は大変緊張していましたが、とても優しい先輩方に囲まれ、その日に歓迎会も開いていただきました。これはその時の桜満開の上野での写真です。

!cid_ii_1541508bb7f8d3ff

おそらく、JNTOを受けてみたいと考えている学生の皆さんは、ある程度業界が絞られている方が多いのではないでしょうか。
「大手や有名どころはとりあえず受けておいたほうがいいんじゃないか」「周りは皆何十社もエントリーしているからもう少し増やそうかな」と不安になっていませんか。
当初は私にもそのような時期がありましたが、振り返ってみると焦って手を広げる必要は本当に無かったな、と感じます。不安な気持ちがあっても、「ここで働きたい」「私の想いはここでしか実現出来ない」という強い気持ちが一番大切であって、その本気の心は絶対に相手に伝わりますし、あるいはそうでない想いも伝わるものだからです。信念を曲げずに、突き進んでみてください。

毎年スケジュールが変わる就職活動は本当に大変だと思いますが、最後まで諦めず、たくさんの人に会えるチャンスだと楽しんで取り組んでくださいね。私たちと同じ信念を持つ後輩を楽しみに待っています。

ちなみに、私のおすすめの息抜き方法は国内旅行です。多くの訪日外国人が訪れる場所や、その潜在市場などに実際に足を運ぶことで、皆さんなりに疑問を持ってみてください。時間がとれなくても地元や近場、説明会で訪れた土地でもどこでも構いません。もちろん、リラックスして思い切り楽しむことも忘れずに!

PAGE TOP