• TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

2017年度新入職員からのメッセージ♪~私たちこんなことしています!3~

カテゴリー:JNTO職員紹介, 事業紹介

投稿日:2017年7月28日

作成者:JNTO採用担当者

皆さんこんにちは。
1年目職員の、江宮こゆきです。

私はインバウンド戦略部受入対策グループというところでJNTO生活のスタートとなりました。分からないことばかりですが、皆さんとっても優しく教えてくださいます。メンターの方(一人の新人に一人ついて、様々な仕事についてのことを教えてくれる方です。)をはじめ、先輩方、同期と本当に素敵な方々に囲まれているなと感じています。

1.私の配属先について

さて、“インバウンド戦略部”というと、とっても幅広く聞こえるのではないでしょうか。まず、インバウンド戦略部には誘致戦略グループ、調査コンサルグループ、受入対策グループ、会員サービスグループの4つのグループがあります。

私の所属する受入対策グループでは主に①観光案内所の運営②通訳案内士試験の運営の2つの業務を行っております。

①観光案内所の運営について

JNTOが直接運営している観光案内所(TIC:Tourist Information Center, JNTO)は東京駅の近くにあります。(参考までに、下に写真を載せておきます。)JNTOが観光案内所を運営する目的は、「外国人観光案内所の設置、運営の在り方の指針」を示すことで、基準を満たした質の高い案内所をたくさん作り、訪日外国人観光客の方々を受け入れる基盤を作ることです。この指針をもとに、全国で観光案内所が認定され、現在(平成29年3月31日現在)では851か所の案内所が海外の方に情報を提供しています。観光案内所では、観光案内をするだけではなく、観光ツアーの実施や体験プログラムなど独自の取り組みを行っているところもあります。行ってみると思いがけない楽しい体験ができるかもしれません!JNTOからは各観光案内所への支援サービスも行っています。

②通訳案内士試験の運営

通訳案内士試験を受験し、合格した方々は通訳案内士として活動することができます。通訳案内士は国家資格であり、この資格がなければ外国語を使う観光ガイドとしてお金を受け取る活動をすることはできません。JNTOではこの通訳案内士試験の運営を行っています。また、通訳案内士以外に、観光ガイドとしてボランティアをしてくださる方々をGoodwill Guide(GG)と呼び、海外の方の不安の解消、観光における言語環境の向上を目的としたボランティア活動をしていただいています。GGの方々にはJNTOからバッチやカードをお送りしています。海外に行って何もわからない時に、自分の国の言語を話してくれる案内士やボランティアの方がいらっしゃったらとても安心しますよね。多くの通訳案内士、GGの方が活躍することで日本の訪日外国人観光客受け入れ体制の強化に繋がります。

上にインバウンド戦略部受入対策グループの業務内容についてたくさん書きましたが、現状、私自身まだ分からないことのほうがずっと多いです。。。

2.JNTOの雰囲気

ここからは、JNTOに入ってみて私が実際に感じたJNTOの雰囲気、働く環境についてお話します。JNTOに入社して思ったことは、いい意味で入社前とあまりギャップがありませんでした。採用面接の時から、お会いする社員の方がとても優しくて素敵な方々でしたが、入社後もそれは全く変わらず、どの方とお話ししても皆さん気さくに、優しく対応してくださいます。また、これは入ってみて分かったことですが、JNTOではJNTOの職員だけではなく、官公庁からの方、民間の企業からいらっしゃった方と、多くの方が働いています。様々なバックグラウンドの方にお会いできるというのも、面白くて素晴らしい経験になるなと感じました。

3.これからの抱負

JNTOに入社して近い将来やってみたいことは、地方への観光客の誘致、地方との連携です。私が実現したい未来の日本は全国各地に訪日外国人観光客が訪れ、それを当たり前に受け入れる日本の人々がいる未来です。今日本は外国人観光客のいる光景当たり前になりつつあります。私の地方でも、少し前にはほとんどいなかった海外からの観光客が増えて、少しずつ様々な整備がされてきていると変化を肌で感じます。地方への誘致を促進するにはまず、自分が日本全国の観光地を知らないと!ということでこれからもっと勉強していこうと思います。

4.就活生の皆さんへ

就職活動が始まると、次々とやらなければならないことが押し寄せてきて、いっぱいいっぱいになることもたくさんあると思います。悩みますし、焦ると思います。私も自分の時は不安で仕方がなかったです。そういう時は、家族や友人との時間を持つと、気分転換にもなりますし、自分だけだ、と思わないで済むのでいいと思います。私も、微力ながら皆さんを応援しています!

PAGE TOP