• TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

2017年度新入職員からのメッセージ♪~私たちこんなことしています!5~

カテゴリー:JNTO職員紹介, 事業紹介

投稿日:2017年8月10日

作成者:JNTO採用担当者

みなさんこんにちは!
4月からJNTOに入構いたしました宮下と申します。
今回は私が配属されました経営計画グループについてや、入構後の研修、オフィスの雰囲気、私がJNTOに入構した理由についてお話ししたいと思います。

★配属部署について
私が現在所属している部署の正式な名称は「経営管理部 経営計画グループ」です。
経営管理部には経営計画グループの他にも人事グループ、総務・広報グループ、財務グループがあり、JNTOという組織全体の運営方針を決めたり、業務が円滑に進むよう管理を行ったりしている部署です。
その中でも経営計画グループは、
■JNTOの事業計画の策定、業務実績の取りまとめ
■海外事務所の運営管理
■観光庁や政治家等への対応
■自己収入の拡大方策についての検討
などを業務として行っています。といっても、私はまだ入構したての新人なので、これから全て勉強していくところです…!

★JNTOに入ったら最初は何をするの?
私たちの場合は最初の2週間ほどが研修期間として設定されています。研修では各部署の先輩職員の方たちが各部署の業務内容についてレクチャーしてくださります。
これに加え、新入社員には独自の「ミッション」が与えられます。いま皆さんに読んでいただいているこの記事もミッションの1つとして執筆したものです。
他にも、お世話になった職員の方に「ありがとうカード」を配って親交を深めるというミッションもあります。先輩方に名前と顔を覚えてもらういいチャンスです!

★オフィスの雰囲気
職員の数があまり多くないため、みなさん部署の垣根を越えて交流されていて風通しが非常にいい職場だなと感じています。新人の私がミスをしたり分からないことがあったりする時も、とても優しく指導してくださる先輩方ばかりで、毎日楽しく業務を学ぶことができています。ランチの時は先輩と近くのイタリアンに行ったり、同期のみんなと新宿御苑に桜を見に行ったりしてリラックスしています。

★JNTOの志望動機
端的に言えば、JNTOがインバウンドに専門的に携われる公的機関だったためです。
大学時代の留学での経験を通じて「より多くの外国の方に日本を訪れてもらい、日本を味わってもらいたい」という明確な目標ができ、インバウンドという分野に生涯携われるような職場はないかと探した結果、たどり着いたのがJNTOでした。
公的機関であるため、自分たちの業務が日本という国の利益に直結する点にもやりがいを感じました。

★就活生のみなさんへ
就活は本当に大変だし、ストレスの大きいものだと思います。私も就活中は「面接でうまく話せるかな」「落ちてしまったらどうしよう」などと常に不安に押し潰されそうになっていました。
ですが、本当に働きたいところがあればその思いは結構面接官の方にも伝わるものです。私の場合は変に準備した受け答えではなく、自分の本心をその場で正直に伝えた方が案外うまく進んだような気がします。
もちろん本当に興味のある分野なら勉強は大事ですよ!ちなみに私は”JNTO BOOK”なるものを作って、インバウンド関連のニュースをまとめて勉強していました。

(JNTO BOOKです。表紙の日本以外の4か国は、日本が目指す観光大国の四天王です!)

あとは、息抜きを忘れないでください。たまには運動したり、友達と遊びに行ったり、旅行をしたりしてリラックスしながら頑張ってくださいね。応援しています!

PAGE TOP