• TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

JNTO職員紹介(経営管理部・大内さん)

カテゴリー:JNTO職員紹介

投稿日:2017年9月22日

作成者:JNTO採用担当者

皆さんこんにちは。一年目職員の江宮です。
私は、入社3年目の先輩職員、大内さんにインタビューをしました!
突然のインタビューを快く引き受けてくださる、面白くて優しい先輩です。
今回は大内さんに色々なお話を聞いてきました。

まず、大内さんのプロフィールを簡単にご紹介します。


・入社年度     2015年
・経歴       海外プロモーション部 情報戦略室(2015)
         経営管理部 財務グループ(2016-現在)
・大学での専攻   経営


Q1. 大内さん、今日はよろしくお願いします。では早速、最初の質問についてお伺いします。JNTOを知ったきっかけは何ですか。

もともとインバウンドに興味があったので、インバウンド業界を中心に見ていた時にJNTOを見つけました。初めてJNTOを知ったのはマイナビだったと思います。

Q2. もともとインバウンド業界に興味があったのですね!インバウンドに興味がある人は近年ますます増えてきていると思います。大内さんはどうしてインバウンドに興味を持ったのですか。

自分が留学をしていて、留学先でできた友人が日本に遊びに来たことがありました。彼らに日本を案内したり、紹介したりする中で、海外の人を日本に呼ぶ仕事というものに興味を持ちました。それがインバウンド業界を考え始めたきっかけですね。

Q3. なるほど。海外の方に日本を紹介することでインバウンドが身近になったのですね。では、数あるインバウンド企業の中でJNTOを選んだ理由は何ですか。

日本にたくさんあるインバウンド関連の企業をまとめて、リーダーシップをとれる機関がJNTOだと感じました。官民で力を合わせて海外からの観光客を増やす、その中で中心となって全体を引っ張っていけるところに面白さを感じました。また、最終面接の前に社員の方と対談する機会があったのですが、心から仕事を楽しんでいる様子、仕事にやりがいを感じている様子が伝わってきたことも決め手となりましたね。

Q3. 仕事の内容、社内の雰囲気、どれをとってもJNTOの個性と魅力がありますよね。では実際に入社されてからはどのような業務に携わってこられましたか。

情報戦略室の時は、webコンテンツや印刷物(パンフレットや地図)の編集やJNTO、賛助団体・会員の皆様が発行された印刷物を海外への配布する作業を行っていました。現在の財務グループでは主に予算・決算業務を行っています。具体的には、各部署の必要な予算をまとめ、それを政府に説明、要求します。予算として頂いたお金は、厳密な調査を行い、各部に振り分けます。

Q4. 入社3年目で二つの部署を経験されているのですね。3年間で様々な経験をされたと思います。今までのお仕事で一番大変だったことは何でしたか。

財務諸表の作成ですね。財務諸表はJNTOのHPでも公開している重要な資料です。
(平成27年度財務諸表のURL:http://www.jnto.go.jp/jpn/about_us/reports/f_zaimu27.pdf )
この財務諸表の作成の中心的役割を任せられました。作成過程では、自分たちの数字と機械の出した数字に誤差が出たら、その誤差の原因を突き止めてすり合わせていくという作業を繰り返し行いました。この諸表の作成には約3か月かかり、この仕事を通して会計の知識がぐっとついた気がします。

Q5. 若手のうちからとても責任のある仕事を任されているのですね。では、今までのお仕事で一番印象に残っている仕事は何ですか。

情報戦略室で2016年度版のJNTOのカレンダーを作成したことが印象に残っています。各地方自治体から写真を送っていただき、その中からカレンダーに使う写真を選びました。出来上がったカレンダーは、海外の事務所に配られるので、自分の作品が世界中に配布されるという大きな達成感を味わうことができました。

Q6. 自分の作ったものが世界中に配布されるという経験は、なかなかできることではないと思います。素晴らしい経験ですね。JNTOで仕事をしていてどんな雰囲気だと思いますか。

若手のころから、風通しの良さを感じていました。色々な人とミーティングができるところや、先輩後輩に関係なく意見を言える空気があると思います。先程話したような、大変だったこと、印象的だったことはたくさんの人に助けていただいたからできた仕事だったと思います。仕事をしていく上で、いつもたくさんの人が助けてくれるので、人と人との繋がりを感じることができる職場だと思います。

Q7.風通しの良さは、私も感じています。仕事を通して人との繋がりを感じることができるというのもJNTOの魅力なのですね。そんな大内さんのこれからの目標を教えてください!

実は財務グループになってから、会計への意欲が非常に高まりました。JNTOの仕事では海外プロモーションに興味を持っている人が多いかもしれませんが、財務をやってみると想像以上に面白く感じる人もいるのではないでしょうか。数字に苦手意識がある人でも一度やってみると何か変わるのではないかと思います。僕は財務グループになってから、自分の力がついてきたなと感じることも増えてきました。しばらくは会計を極めていきたいですね。

 

大内さん、たくさんの質問に答えてくださりありがとうございました。大内さんとお話をする中で、大変なことがあっても前向きに考える姿勢や周りの方を大切にする様子等、たくさん勉強になりました。大内さんのように、プロ意識を持って仕事に取り組むことで、一つ一つの仕事に対する意識が変わってくるのだなと思いました。私も、何事も極める気持ちで取り組んでいきたいです。

長くなってしまいましたが、大内さんインタビューを快くお受けくださり本当にありがとうございました。

PAGE TOP