• TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

2020年度新入職員からのメッセージ(遠山さん②)

カテゴリー:未分類

投稿日:2020年5月14日

作成者:JNTO採用担当者

みなさん

こんにちは!
日本政府観光局(JNTO)採用担当の柏木です。

最近は、昼間暑いと感じるほどの好天が続いていますね。
ただ、1日の気温差が大きい日がまだまだ続きますので、体調にはお気をつけくださいね。

前回に引き続き、今回のブログも総務部の遠山さんにご登場いただきます!!
訪日観光についてまとめていただきました。
最後まで是非ご覧ください!!

***********************************************************************

こんにちは、2020年度新卒で入構した遠山と申します。
前回の記事にて書き損ねてしまいましたが、実は留学したことにより2019年の9月という日本の大学では変わったタイミングで卒業をしました。必要な単位は既に取っていたため最後の学期はほとんど授業を取っておらず就職活動やアルバイトを行っていました。そのアルバイト先というのは都内にある某ラクジュアリーホテルで、コンシェルジュアシスタントとしておよそ一年間働かせていただきました。このような経験をJNTO入構前に積むことができたのは大変貴重だったため、少しそのことについて書かせていただこうと思います。

<東京の食文化の魅力>
勤務していたホテルは外資系ホテルだったため、宿泊なさるお客様はレジャービジネス問わず外国人の方が大半でした。そのような方々をお迎えするので、バックオフィス以外にいる時は常に身なり、言動やら気を使わなければならないので常に緊張しておりました(笑)。お客様は滞在前や滞在中問わずコンシェルジュデスクに様々なリクエストを投げかけてくるのですが、主なのはレストランについてでした。東京で生まれ育ったので特に意識はしていませんでしたが、東京は世界中で最もミシュラン星付きのレストランが多い都市であり、多くの訪日外国人の方々がそれに期待をしているのです。鮨はもちろんのこと、とんかつやすき焼きをはじめとした和食のみならず、フレンチやイタリアンレストラン等の予約リクエストもたくさん頂くので、改めて東京の文化都市としての凄さを実感いたしました。

<ゴールデンルートの存在感>
レジャーで滞在する欧米圏から来たお客様は、2~3週間といった長期にわたって滞在する方が多いのですが、東京の後は京都、大阪というゴールデンルートを辿る場合がほとんどでした。コンシェルジュの業務としてお客様のチケット手配もあるのですが、私が担当した鉄道チケットの9割くらいは京都、大阪方面であってそれ以外は金沢や広島、たまに直島というような状況でした。。もちろんゴールデンルートを巡ることに問題は全くありませんが、JNTOの目標としている地方、とりわけ東北地方の観光活性化については真剣に取り組まなければならないだろうと身をもって感じました。

JNTO職員の中でも、訪日外国人と直接関わりがある職務の経験をした人はあまりいないと思うので非常に有益な経験を得ることができたと思います。もちろん学業と就職活動を並行している皆様にはなかなかこのようなことをする時間はないとは思いますが、ふとしたときに観光案内所に立ち寄ってみたり、お近くの観光地に訪れたりして訪日観光の現場はどのようになっているかを見てみるのもいいのではないかと思います。

PAGE TOP