• TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

2020年度新入職員からのメッセージ(上野さん②)

カテゴリー:JNTO職員紹介

投稿日:2020年12月24日

作成者:JNTO採用担当者

みなさん、こんにちは!
JNTO採用担当の高橋です。
今日はクリスマスイブですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
例年はJNTOでは12月上旬にクリスマスパーティーを行っていまして、部署を横断して職員が交流する良い機会となっているのですが、今年は新型コロナウイルスの影響で実施はなしです。また来年は感染も落ち着いて、実施ができることを祈っています。
例年とは異なる部分も多いと思いますが、みなさま良いクリスマスをお過ごしください!

それでは、今日も前回に引き続き、総務部人事グループの上野さんからのメッセージをご紹介します。

**********************************************************************

こんにちは!総務部人事グループに所属しております、上野藍と申します。今回は実際に私が就職活動でJNTOを訪れた際に感じたこと、また入構一年目の今感じる、JNTOの雰囲気や仕事内容についてお話したいと思います。

 

◎採用試験を通じて感じたこと

ここでは選考について、また選考を通して感じたJNTOの雰囲気の2点についてお話したいと思います。まず選考についてですが、JNTOの新卒採用は面接以外にも小論文やグループディスカッション、ちょっとした英会話…と非常に多くのステップを踏んでいたのが印象的でした。自身の経験を踏まえて一つアドバイスをするのであれば、インバウンドに関する勉強はやはり大切だということです。インバウンドの課題や自分なりの意見をまとめておくことで、上記のあらゆるステップで活用することができます。実際に私自身も多少勉強したつもりでしたが、採用面接を受けに行った際、周りの志望者の知識と熱意に圧倒され非常に焦ったのをよく覚えているので、自信を持って採用面接に臨むためにも少し勉強しておくと良いと思います。

次に採用面接時に感じた印象についてですが、想像よりもずっと明るく穏やかな職場だと感じました。職員の方はいつも笑顔で迎えてくださり、リラックスして面接に臨むことができていました。また面接の待ち時間には他の就活生と話す時間を設けていただいたり、案内の方が緊張をほぐすため色々と話を振ってくださったりと終始和やかな雰囲気で選考が進んでいったように感じます。選考の回数がとにかく多く、行くたびに緊張していましたが、それでもきちんと自分らしさを出すことができたのはこうした雰囲気づくりのおかげだと考えています。就活生の皆様もぜひ安心してJNTOを受けに来ていただけたらと思います。

 

◎JNTOの雰囲気

入構してまず感じたことは、JNTOは本当に様々なバックグラウンドを持つ職員で構成されているのだということです。新卒で入構した職員、中途採用の方、国や一般企業からの出向の方…と入構の経緯が異なるのはもちろんのこと、出身地域も様々、海外で育った方や海外勤務を経験している方など、本当に多様な人が在籍している印象です。私の同期も関東、関西、東北など全国から集まり、また院卒生、留学経験者など、個々の背景は本当に様々です。だからこそ同期と話していてとても面白く、色々と気づかされることも多く、本当にいい仲間に恵まれたなと実感しています。

また組織の規模もさほど大きくないことから、職員同士の距離が近い和やかな職場であるとも感じています。例えば新入社員の私たちには、内定後に若手の方で懇親会を開いていただいたり、部署のランチに誘っていただいたりと早く職場に馴染めるよう色々と気にかけていただきました。他にも職場内で職員同士がすれ違う際、ちょっとした会話が生まれたり、部署を超えた交流が多くあったりと、明るく仲の良い職場という印象です。

ただし、仕事のこととなれば皆真剣で妥協がない点も、JNTOで働く職員の特徴だと感じます。JNTOは税金を利用して様々な事業を行っていることから、一つ一つ対外的にきちんと説明できなければなりません。独法ならではの様々なルールもあり、難しいこともたくさんありますが、一年目相手であっても、手を抜かずに指導してくださる先輩方を見て、一日も早く戦力になりたい、と感じる毎日です。

 

◎配属先と今感じていること

私が勤務することになったのは総務部の人事グループというところです。JNTOの組織は海外プロモーション部、市場横断プロモーション部、地域連携部、MICEプロモーション部のように様々な事業を進める部門と、総務部のように組織を支える管理部門に二分できます。入構前にはいずれかの事業部門への配属を予想していたので、総務部への配属には正直なところ少し驚きました。ただ、1年目で右も左も分からぬ中、管理部門側から組織の在り方を学ぶことができるということで、組織を理解する上では絶好の機会であると感じています。

人事の仕事は、職員の勤怠管理や海外赴任に係る諸手続き、職場環境の整備など、組織の「当たり前」を支える仕事です。まだ仕事を始めて間もない立場ですが、職員皆が安心して働くことができる職場づくりの一旦を担う、というのはとてもやりがいがある仕事だと感じています。また、採用活動を通じて直接学生の皆様にJNTOをPRできる機会があるのも、人事の仕事の醍醐味です。これからも、JNTOの魅力をより多くの学生に知っていただけるよう、色々と考えながら頑張っていきます。今後、様々なイベントにてお会いする機会もあるかと思いますので、私を見かけた際にはお声がけいただければ嬉しいです。

**********************************************************************

PAGE TOP