日本の魅力を、日本のチカラに。JNTO 日本政府観光局

  • TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

2020年度新入職員からのメッセージ(長岡さん②)

カテゴリー:JNTO職員紹介

投稿日:2021年1月7日

作成者:JNTO採用担当者

みなさん、こんにちは!
JNTO採用担当の高橋です。
前回に引き続き、企画総室の事業・プロモーション統括グループの長岡さんからのメッセージをご紹介します。
就職活動時の取り組みについてのお話で、今後のご参考になるかと思います。是非ご覧ください!

**********************************************************************

皆様、こんにちは!今年4月に入構いたしました、企画総室 事業・プロモーション統括グループの長岡晴菜と申します。2回目の投稿は「私の就職活動について」です。特にJNTOの選考にあたり意識していたことを中心に書きました。

〈併願した業界〉
旅行、インバウンド、人材、コンサル、メーカーなど幅広く受けていました。

〈JNTOの選考のために意識したこと〉
①「なぜJNTOなのか?」を問い続ける。
1回目のブログでも触れましたが、旅行会社や観光庁、DMOでもなく、なぜ独立行政法人のJNTOなのかを考えました。私は比較表を作り財源や仕事内容について相違点をまとめました。

②①と自分の経験を結びつける。
上記の表を作った後、自分の体験から学んだことを関連させました。例えば、旅行会社はツアーを手配し造成することが仕事です。しかし、私はゼミの活動で、ある地域をPRするポスター作成の経験から、日本のプロモーションに興味がありました。そのため、旅行会社ではなくJNTOを志望しました。このように会社の業務内容と自分の能力や関心、経験を併せて説明すると説得力が増すと思います!

〈就職活動時の情報収集方法・特にJNTOについて〉
私の知人にはJNTOの選考を受けた人がいなかったため、人からの情報はなかなか得られませんでした。ですが、それ以外でも十分にJNTOを知る機会がありましたので、共有致します。

・JNTO新卒採用サイト(説明会資料、このブログ)
・JNTOが運営しているSNS(Twitter、Instagramなど)、アプリ
・観光案内所(直接訪問してみる)
・観光庁、JNTOが発表しているデータ、観光ビジョン(グループワークや小論文作成時、面接でインバウンドに対する意見を聞かれた際に、データを使って話しました)
・独立行政法人のルール、JNTOの業務実績報告(独立行政法人は1年間の活動について評価がつけられます。これを見ることで、どのような事業に注力しているかなどがわかりました。逆質問の際に活用しました。)
・観光系のゼミだったため、先生に観光ニュースやトレンドについて教えていただきました。
・JNTOではありませんが、独立行政法人で海外勤務中の知人に「民間と独立行政法人の違い」「独立行政法人で働くために必要な能力(中立的に物事を考える力など)」「海外事務所での仕事」を質問しました。
・面接での逆質問や、面接中にお会いする職員の方の雰囲気から、JNTOの特徴も分かると思います。選考は6次選考まであり長丁場ですが、その代わり職員の方と接する機会が多く、JNTOを知るチャンスが溢れている、ということです!

私も全て完璧に目を通したわけではありませんが、ご紹介した方法で幅広く情報収集することをお勧めします。上記のことは私の就職活動時での経験ですが、参考にしていただけると嬉しいです!

〈最後に〉
就職活動は長期戦です。私も友人が就職活動を終えていく中で、不安になることもありました。しかし、悩みは一人で抱え込まず、時には発散することも大切だと思います。私は社会人の大先輩である両親に相談していました。口に出すことで考えを整理できますし、自分を客観視できる人からのアドバイスで、道が開けることもあります。また、休日はアルバイトやコンサート、旅行に行くなどしてリフレッシュしていました。
一人で戦っているわけではありません。私も皆様のことを陰ながら応援しています。頑張ってください!

写真①面接時は、ゼミの活動で海外旅行企画コンテスト(ツーリズムEXPOジャパン内にて開催)に取り組んだことをお話しました。

 

写真②:熊本県八代市等でのゼミのフィールドワークで、地域の観光施策を学び、観光プロモーションやJNTOに興味を持ちました。そういった大学での経験をJNTOの志望理由と結び付けるのもいいかと思います!

**********************************************************************

 

PAGE TOP