日本の魅力を、日本のチカラに。JNTO 日本政府観光局

  • TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

2021年度新入職員からのメッセージ(許さん)

カテゴリー:JNTO職員紹介

投稿日:2022年2月4日

作成者:JNTO採用担当者

みなさま、こんにちは!
JNTO採用担当の上野です。

本日は企画総室・デジタルマーケティングセンターの許さんからのメッセージをご紹介いたします。
JNTOを志望した理由や、配属先について教えていただきましたので是非ご覧ください!
(こちらは入構当初の寄稿となります。)

***************************************************************
みなさん、こんにちは!
今年4月に新卒職員としてJNTOに入構いたしました企画総室・デジタルマーケティングセンターの許と申します。現在は新型コロナウイルスの影響で就職活動も難しくなっているとは思いますが、今回は私がJNTOを志望した理由、所属部署とJNTOの雰囲気について書かせていただきます。

JNTOを知ったきっかけは4年前、上海の伊勢丹百貨店に行ったときに、一階のとても広いロビーでJNTOが主催した展示会に参加したことです。様々なパンフレットをもらって、各都道府県のPR動画を見て、種類豊富な特産物も初めて知り、とても興味深く感じました。

①志望理由
私は中国出身ですが、小さい頃から日本文化の影響を受け、大学を卒業してから日本に留学しに来ました。私が大好きな日本の魅力をさらに世界各地の方々、とくに母国の方々に発信したく思い、JNTOを志望しました。これには外国人である私の感性、そして語学力が活かせると考えております。今後、さらに外国人観光客を誘致するためには、SNS等を活用した情報発信の強化や、日本国内においてまだ外国人に認知されていない場所を整備・発信していく必要があると感じております。そして、JNTOは海外において、日本のインバウンド業界で最も信頼されており、また、公的機関ということで、より長期の戦略的な計画を実行できると思い、JNTOを志望しました。

②所属部署
私の所属部署である「企画総室・デジタルマーケティングセンター」がどんな仕事を扱っている部署なのかを紹介したいと思います。

デジタルマーケティングセンターは主に四つの担当業務があります。一つ目は、ICTを活用した訪日旅行情報の発信です。ウェブサイトの運営、SNSからの情報発信、スマホアプリの運用など、14言語で21市場に向け魅力的な写真、動画などを活用して発信しています。二つ目は、データを活用したマーケティングの高度化への取り組みです。データの収集から活用を担うDMPやDMPを活用したプロモーション支援、データ可視化のためのダッシュボードの開発も担当しております。三つ目は、地域に対するデジタルマーケティング支援です。ウェブマガジン記事広告、情報発信コンサルティングのような有償支援と地域へのデジタル手法の共有、各種ガイドラインの制作と発行のような無償支援を行っております。四つ目は、安心・安全情報の提供です。自然災害、大規模事故、感染症の流行などの非常時において、訪日旅行中の外国人客が必要となる情報をウェブサイトおよびSNSで正確かつ迅速に提供しております。

ウィズコロナだからこそデジタルマーケティングを活かせる場面がさらに増えると思いますので、興味お持ちいただけるとうれしいです。

③JNTOの雰囲気
一言で言いますと、先輩の方々がとてもやさしく、最適な環境で好きなことに携わりながら働けるところです。4月に入構してから3週間が経ちますが、その間充実した研修を受講しております。各部署の担当者の方から事業内容や組織体制の説明などの内部研修はもちろん、ビジネスマナーやロジカルシンキングなどの外部研修も受講できますので、学生からいきなり社会人になっても心配することはないです。

もう一つ感じたのは、JNTOの職員は本当に様々なバックグラウンドを持っています。新卒で入構した職員、国や一般企業からの出向の方、中途採用の方など、そして私のような外国籍職員や帰国子女の職員など、本当に様々な人が在籍しています。私の同期も北海道から沖縄まで様々な出身地であり、研修後に一緒にカフェに行ったり、いろんな話をしたりとても仲良くしています。

最後になりますが、今のご時世で就職活動も難しくなっているとは思いますが、自信を持って臨んでいただければと思います。将来JNTOにて一緒に働くことができるのを楽しみにしております。

(写真:一番好きな日本の観光地は鎌倉です)
***************************************************************

PAGE TOP