• TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

志望動機(内定者コメント)

カテゴリー:内定者

投稿日:2013年12月25日

作成者:JNTO採用担当者

採用説明会等で、「どうしてJNTOを志望したのですか?」という質問が
先輩職員に多く寄せられました。

そこで、今日は一番皆さんに近い立場である、
2014年4月入構予定の内定者3人からいただいた志望動機に関する
コメントを紹介させていただきます。

【JNTOを初めて知ったのは?】

-進路を考えるにあたり、日本のことを海外に発信するお仕事を調べていた際に知りました。

-世界各国にある政府観光局というものの存在は、大学に入り自分で海外へ行くようになってから目に触れていました。日本の政府観光局、とりわけ就職先としてのJNTOを知ったのは、就活サイト上でエントリーを受け付けているのを見たときです。

-アルバイト先の観光案内所で、インバウンドの取り組みを行っている政府の機関があるということを聞きた時。

【JNTOに入りたい!と強く思った時】

-社会情勢がめまぐるしく変化する中、「インバウンド観光」の重要性に気づかされた時です。これまでの研究や学外活動が、JNTOが努める事業と関連性があることに気づき、強い関心が湧きました。

-JNTOへ提出するESを書いている時に、ここに入りたいと強く思いました。自分の価値観や、これまで打ち込んできたことをよくよく思い返してみて、それらがJNTOの仕事に直結していると感じたからです。能力の面では不安だらけですが、適性は他のどの仕事よりもあると思うことができました。

-説明会に参加し、自分が最も興味のある仕事内容だと感じた時。また、面接を通して自分が一番いきいきとしていると思えた時。

コメントをくださった内定者もそうですが、
JNTOの若手職員でも、もともとJNTOを知っていたという人は
それほど多くなく、就職活動の中で初めてJNTOと出会ったという人が多数派です。

今、初めてJNTOを知ったという方も、観光の知識がないという方も、大丈夫です。
私たちの志に共感し、共に「日本のために」という熱い想いを持って下さる方、
ご応募を心からお待ちしています!

PAGE TOP