• TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

職員紹介(新卒採用担当・渡邊)

カテゴリー:未分類

投稿日:2017年11月17日

作成者:JNTO採用担当者

 みなさまはじめまして!
 この8月から2019年度新卒採用担当となりました、経営管理部人事グループの渡邊です!
新卒採用担当になる前は、グローバルマーケティング部東北観光振興グループに所属しておりました。
 プロモーションを実施する中で体感したことは、JNTOの仕事には、「影響力の大きい事業に挑戦できること」や「様々な団体と連携して事業に取り組めること」といった、他にはない「やりがい」がたくさん詰まっているということです^^
 今回、私からは東北地方の魅力を各国に提供するグループである「東北観光振興グループ」の事業と、その進め方について紹介させていただきます!

 東北観光振興グループでは、海外の一部訪日旅行市場において、東日本大震災の風評被害が未だに残る東北地方の観光魅力をPRする復興関連事業を行い、東北地方へ外国人観光客を誘致することを目的としてプロモーションを実施しています**
 私が担当した「東アジアにおける風評被害払拭を目的とした東北地域の訪日プロもション事業(http://www.welcometojapan.or.kr/attractions/authenticjapan-chapter2/index.html)」における、韓国市場をターゲットとした事業の進め方(例)は下記のとおりです。

【事業実施の一連の流れ(例)】
1. 韓国からの訪日旅行状況と、PR対象となるターゲット象についての情報収集と理解 (2016年度時点)
2. 韓国市場に対して、東北として打ち出すことができるテーマを検討する。
→韓国市場での東北のイメージの想定及びそのイメージをより良くして訪問意欲を刺激することができるテーマ
3. 上記テーマに沿った観光地及び情報発信手段、情報発信時期、協力いただく団体等を選定
4. 企画競争等により、一緒に事業を行う業者(広告代理店等)の公募を実施する。
5. 選定した業者や関係団体と連携しながら事業を実施する。
6. 事業を実施後、国民に説明ができるよう成果報告書等を取りまとめる。
→事業費は税金でまかなわれているため、行った事業によりどんな成果が得られたのか、ということを、事業後にしっかりまとめる必要がある。

 今回は、1「韓国からの訪日旅行状況と、PR対象となるターゲットについての情報収集と理解」について収集する情報例を紹介して終わりにしたいと思います!みなさんは、下記のような情報を見て、どこに関する観光情報を、どのようなツールで、だれに届けたいですか?^^

【事前に収集する情報例 (韓国市場:2016年度時点)】
①西日本の人気が高い ②ハイシーズンは、1~2月
③主要ターゲット:20~30歳代の若年層/家族層
④リピート率:初回(31%)/リピート(69%)、⑤滞在日数:4~6日間(58.6%)/3日以内(34.8%)
⑥旅行前の情報元:
個人ブログ(57%)/ガイドブック(24.4%)/SNS(16.5%)/旅行会社website(15.5%)
⑦空路:仙台空港-仁川国際空港(週4便)/青森空港-仁川国際空港(週3便)/秋田空港-仁川国際空港(運行中止中)

⑧日本訪問時にやってみたいこと

⑨認知度

⑩東北6県・県別韓国人宿泊者数
※H28東北6県合計:60,040人泊      ※H22東北6県合計:125,07人泊

⑪東北6県・県別宿泊者数 震災前・前年比較

※参考文献
「平成29年度市場別訪日プロモーション方針」
「2016東北インバウンド意向調査(アジア8地域・欧米豪4地域)」
「訪日旅行データハンドブック2016」

 これからは、東北観光振興グループでの経験等を活かして、学生の皆さんにJNTOに興味を持ってもらえるよう、採用担当者として、本ブログを通じてJNTOに関する情報発信を頑張っていきたい思っています。
 今後も、JNTOと採用担当ブログをよろしくお願いします!!

PAGE TOP