• TOP
  • 担当者ブログ

Blog担当者ブログ

JNTO職員紹介(経営管理部・菊池さん)

カテゴリー:JNTO職員紹介

投稿日:2017年10月13日

作成者:JNTO採用担当者

みなさんこんにちは。1年目職員の中川です。

先輩紹介第6弾の今回はJNTOに関心を持ってくださっているみなさんに、OB・OG訪問のような感覚でJNTOのことをもっと知っていただければと思い、私自身が1年前気になっていたことなどを思い出しながら先輩職員の方にお話を伺ってきました!

インタビューをお願いした菊池さんは2003年に新卒採用で入構されてからこれまで本部の複数の部署・海外事務所・観光庁へのご出向で幅広い業務を担当してこられたので今回のインタビューを通してJNTOの雰囲気や多様なお仕事を垣間見ていただければ、と思います。

[JNTOに入構した理由]
JNTOを知ったきっかけは何ですか? 大学の専攻と関係はありますか?
当時はまだインバウンドもあまり知られていなかったのですが、インターンシップで観光に力を入れているドイツを訪れた際、観光案内所などの設備の充実度の違いに驚き、また、海外では日本はまだまだ知られていないと感じました。大学では国際関係を学んでいて観光とは直接関係がなかったのですが、漠然と「海外と関わりがあって海外赴任があるところ」を探していた時に偶然JNTOを見つけたのがきっかけです。

[業務について]
これまでに担当された業務(部署)を教えてください。
① 企画調査課(今のインバウンド戦略部調査コンサルグループ・半年)
「国際統計白書」というインバウンドに関する書籍のまとめや、ちょうど世界的に流行していたSARS(インフルエンザ)の観光への影響についてのレポートをまとめたりしていました。

② 会員サービスグループ(3年)
JNTOの賛助団体・会員の勧誘やニュースフラッシュ(賛助団体・会員の方にお送りしている各市場の動向などをまとめたニュース)の編集・発行やイベント開催などをしていました。
当時はワード添付してメールでニュースを送っていたのを、現在のメルマガ配信にしたのですが、自分のアイデアで変えられたことが印象に残っています。

③ 財務グループ(3年)
法学部出身なので財務の知識があったわけではなく、数字はどちらかというと苦手な方でしたが(笑)、簿記の資格の勉強も通じて勉強しながら主に契約や会計報告・決算などを担当していました。

④ 上海事務所(3年半)
海外事務所は本部からの職員は少ないので事業から総務まで幅広い業務を担当しました。
海外事務所で働く前は入構前から海外で働きたいという思いがあり早く海外に行きたいと思っていたのですが、本部で様々な業務を経験してから行けたのが良かったな、と思います。

⑤ 海外プロモーション部(3年)
中国・香港市場を担当し、全体の取りまとめや複数ある中国の事務所の事業の集約などを行っていました。赴任していた事務所の市場担当で、自分でハンドリングできることが増えたのでとてもやりがいがありました。

⑥ 観光庁(出向・2年)

⑦ 財務グループ(現在)

これまで経験された中で特におもしろかったお仕事を教えてください!
上海事務所にいた頃に、現地の旅行雑誌としては初めて1冊まるごと東京特集をしてもらった際、取材先のアレンジしたことです。どんな場所を紹介してもらうかを決めるにあたりJNTOの会員さんの施設を紹介していただいたりしてそれまでの業務での経験を活かせたと同時に、自分もまだ知らなかったいろんな場所を知ることができ、まだまだ日本のことを勉強しないといけないと感じました。


(その実際の雑誌が現在も本部の会議室に展示されていました!)

[JNTOの雰囲気について]
ご出向でJNTO以外の職場も経験されている菊池さんから見たJNTOの魅力は何ですか?
JNTOは小さな組織なのでとてもアットホームで幹部・上司も含め職員同士の距離が近いということですかね。大きな組織と比べて小回りがきくので、何かを変えようと思えば変えられるというところも良さだと思います。

[就活生のみなさんへ]
今だから思う、大学生のうちにやっておいた方ことがあれば教えてください!
大学生は人生の中で一番自由な時間だと思うので、今じゃないとできないことをやってほしいと思います。就職活動でも個性を出すのは難しいけれど、いろんなことを経験している方が仕事の幅もできるのでぜひ今のうちにいろんな経験をしてください!

PAGE TOP