日本の魅力を、日本のチカラに。JNTO 日本政府観光局

PROJECT 日本の観光を変えるプロジェクト 4

中東地域市場を開拓せよ
ドバイ事務所の開設

  1. 高所得者誘致を目指して
  2. 手探りの開設準備
  3. コロナ禍でのプロモーション開始
  4. 訪日インバウンドのフロンティア

1高所得者誘致を目指して

2020 年までに訪日外客数 4,000 万人・消費額 8 兆円の目標達成が目前に迫った 2019 年。このうち中東地域は、高所得者層誘致のポテンシャルが高いことから、JNTO として初めてこの地域に事務所を設立することが決まった。JNTO では、いわゆる湾岸諸国(GCC:Gulf Cooperation Council)のサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、オマーン、カタール、クウェート、およびイスラエル、トルコを「中東地域市場」としてプロモーション重点市場に位置付けている。この中で事務所の設立地をUAE のドバイとしたのは、ドバイが中東のヒト・モノ・カネの流通ハブとして機能し、トレンド発信拠点でもあるからだ。

2手探りの開設準備

2020 年 4 月に東京の本部に開設準備室を立ち上げ、開設や現地就労にかかる手続きなどの調査・準備を開始したが、直後の 4 月7日、新型コロナウイルス感染の急激な拡大により、日本全国に緊急事態宣言が措置された。一方、ドバイでは同月 4 日から全面的ロックダウンとなった。ドバイでは同年 6 月 3日にロックダウンが解除されたが、その間は様々な手続きが一時停止となった。同年 12 月に準備室はドバイに移転し、当地で準備に当たったが、UAE では行政手続きが複雑である上、JNTO は政府系機関として民間企業とは異なる営業ライセンスを得たことから、審査に通常よりも時間を多く要した。コロナ感染対策のレギュレーションも突然変更になることが多く、開所式の会場選定も難航するなど、様々な困難があったが、翌 21 年 11 月 1 日に開所、同月 15 日に開所式を無事行うことができた。

ドバイ事務所開所式の様子(撮影時に限り会話等を行わずマスクを外しております。)

3コロナ禍でのプロモーション開始

中東初の事務所開設は当地でも注目されたが、日本側の水際対策で外国人の入国規制が続いており、訪日プロモーションは厳しいスタートとなった。21 年 5 月には、中東最大級の旅行博覧会「アラビアン・トラベル・マーケット」が開催された。コロナ禍以降、リアルで旅行博覧会が開催されること自体が珍しいことであったが、直前に中止となるリスクもあったため、JNTO では最小限のスペースで出展せざるをえなかった。ドバイでは 20 年 7 月から観光客の受入れを開始、21 年夏頃から海外旅行も復活しつつあったため、旅行会社からは訪日の再開を強く待ち望む声が聞かれたことは、期待に応えらえない歯がゆさの一方、訪日への期待の大きさを感じる嬉しさもあった。また、JNTO として初めて中東に事務所を出すことからメディアから注目され、国営アブダビ TV でも準備室長インタビューが放映された。

ATM のビジットジャパンブースでの商談

4訪日インバウンドのフロンティア

コロナ禍も 3 年目に突入し、インバウンドの苦境が続く中、ドバイ事務所では再開後にすぐにでも日本を選んでもらえるよう、情報発信に力を入れている。中東では日本への関心はそれなりに高いものの、訪日旅行で何が楽しめるのか、具体的なイメージを持たない人が多いからだ。21 年 12 月には、アラビア語で初めてとなるFacebookとInstagramのアカウントを開設。自然や文化だけでなく、「映えスィーツ」の紹介なども行っている。実際に UAE で日本のふわふわチーズケーキがInstagramを通じて流行るなど、中東でも SNS から人気が広がるのだ。特に若い世代はフットワークが軽く、映える写真を見て旅行先を即決することもあるとか。中東地域市場からの訪日旅行者数は 2019 年で約 9 万 5 千人と、市場規模はまだ小さいが、逆に言えばまだまだ開拓の余地がたくさん残されているフロンティアでもある。まだ知られていない地方の魅力などをどんどん紹介し、将来の訪日旅行者数を伸ばしていきたい。

  • アラビア語 Facebook Visit Japan ME

  • アラビア語 Instagram Visit Japan ME

イメージ

PROFILE

ドバイ事務所

ドバイ事務所

中東地域市場のプロモーション強化を目指して 2021 年 11 月 1 日に開設しました。担当地域は中東、北アフリカ地域のアラブ・イスラム諸国です。現在は日本人の派遣職員2名で、日々現地の旅行市場動向の情報収集に努めるとともに、現地ならではの訪日プロモーションを企画・実施しています。

PAGE TOP