Senior Information先輩情報

海外勤務田中 麻里香

シドニー事務所
アジア太平洋学部
2013年度入構

富裕層市場に対するプロモーションを実施。
「チームジャパン」で、
新規有望市場の開拓に挑む。

入社動機

就職活動中に訪日インバウンド業界とその現状を知り、高校と大学時代に約1年間ずつ交換留学生として海外で学んでいた時、「より多くの方に実際に日本に訪れ、日本を体験し、そして日本を好きになってほしい」、「海外に日本を素敵だと言ってくれる方が多くいることを日本在住の方々にももっと知ってほしい」と思っていたことを思い出し、この業界を目指し始め、同時期に偶然にJNTOの存在も知ったとき「これだ!」と思いました。
実は、初心を忘れないようにと今でもJNTOに提出したエントリーシートのコピーを持っていて時々見直すことがあるのですが、JNTOを志したときの想いや情熱は今でも変わっておらず、過去の自分に叱咤激励されることもしばしばです。

現在の仕事内容

JNTOシドニー事務所にて、主にMICE、教育旅行、富裕層関連のプロモーションを担当しています。
JNTOに入る前は、訪日旅行と言えは一番身近だった「レジャー旅行」というイメージが強かったのですが、企業ミーティングやインセンティブ旅行での訪日、学生が先生と一緒に訪日する教育旅行、特別体験を求める富裕層の方々の旅行など、「訪日旅行」と一言で言っても様々な形態がありますので、それぞれの分野の方へ最適なアプローチとは何かを考え「工夫すること」を大切にしながら仕事をしています。
日々接する分野の方が多岐にわたるため、勉強不足を痛感することもありますが、素直に学ぶ姿勢と得た知識を生かす喜びを日々忘れないように心がけています。

仕事の面白さと難しさ

国の将来を見据え、長期的に成果を測り大切にすべき市場に取り組むことは日本政府観光局の大切な仕事の1つであると考えており、そういった分野での活動はやはりやりがいを感じます。
例えば、豪州からの教育旅行の誘致は、沢山の関係者を巻き込みながら、長い時間をかけてじっくりと向き合うべき市場です。「関係者」と言っても、豪州の学校の先生や教育機関、訪日教育旅行を送客する旅行会社、日本で受け入れを行う方々、加えて日本語学習者が世界で第4番目に多い豪州(2015年度)では、独立行政法人国際交流基金との連携も欠かせません。
すぐに大きな結果が出なかったり、手探りな部分もまだまだ多く迷うこともありますが、沢山のご協力と後押しをいただき、訪日教育旅行で日本を訪れた若者が日本ファンになり、いつの日かまた日本に訪れてくれたり、日本を支えてくれる存在になると信じて、そして自分自身も学生時代に外の世界に出て沢山学び変わったことを思い出しながら、前向きに取り組んでいます。
自分はその場に居られなくても、実際に学生が日本を訪れた様子を関係者から聞いたときは、取り組み続けてよかったなと心から思います。

忘れられないエピソード

2018年9月にシドニーにおいて富裕層旅行に焦点を当てた商談会「Luxperince」が開催され、その中で実施された「2018 Luxperience Award」の4つの部門のうち、観光局が対象となるDestination部門をJNTOが受賞したことは強く印象に残っています。
まだ比較的手を付けられていない市場に果敢に取り組み情報を収集し、開拓し、他の方々も取り組めるように素地を整えることは、大変ながらも重要な政府観光局の役割で、豪州市場においてはここ数年行ってきた富裕層市場の更なる開拓がこの「新規有望市場の開拓」の1つであったと思います。自分が貢献できたことは小さいですが、JNTOの先輩方が苦労し積み重ねてこられた活動が業界関係者に認められた瞬間に立ち会え、JNTOの一員として誇らしい気持ちでした。
また、本Awardの選考では、シドニー事務所の活動に加えて、JNTO本部・他の海外事務所の活動もアピールしたことと、JNTOのみならず日本の関係者の方々の富裕層市場への関心の高まりと継続的なアプローチが力強い後押しとなりました。本受賞は「チームジャパン」で掴んだ快挙だったことが本当に嬉しかったです。

これからの目標

これからの目標は「現場に居る」機会を最大限に生かしつつ、豪州について、そして自分の担当している分野についての知識を更に深めて市場を開拓していくことです。
自分の心持ち次第で、毎日が驚きと学びにあふれ、思わぬところに仕事で生かせるヒントが潜んでいます。学び場は職場だけではなく、例えばプライベートで通っているお稽古事の仲間の日本旅行の話、たまたま立ち寄ったカフェの定員さんの話などからも「そうか!」と気づかされ学ぶことがあります。そういった現場に居るからこそ見つけられる日常に潜むヒントを大切にしつつ、好奇心旺盛に沢山の事を学び仕事に生かし、現場ならではの「声」を引き続き届けていきたいです。

1日の流れ

  • 08:30

    事務所に向けて出発。オペラハウスや海を眺めつつ、1日の予定やすべき事も通勤時間中に頭の中で整理。

  • 09:00

    出社、前日の退社後に依頼や指示が来ていないか先ずはメールをチェック。通勤時に立てた一日の流れも調整。

  • 10:00

    事務所内で打ち合わせ。他のチームメンバーのアイデアから学びあい、課題も共有。

  • 12:00

    昼食。誰かの誕生日などにはお祝いランチにみんなで出かけることも!

  • 13:00

    担当事業の実施にむけて企画内容の確認や関係者との調整。

  • 15:00

    日本から来豪されたインバウンド業界関係者と面談。

  • 17:30

    退社。シドニーで出会った友達と楽しい時間を過ごすなどプライベートも充実!

私の「つながり」

私の「つながり」

私の「つながり」は、日々苦楽を共にしているJNTOシドニー事務所のみなさんです!
他国のJNTO事務所勤務経験などご経験豊富な所長を始め、他組織ご出身の強みを生かしていつも優しく色々なことを教えてくださる次長の皆さん、そして各担当分野に精通していて、とても頼りになる現地職員さん。みんなが1つのチームとして日々の活動に邁進している恵まれた環境に日々感謝しつつ、自分もチームの一員としてお役に立てるよう奮闘する毎日です。

PAGE TOP