日本の魅力を、日本のチカラに。JNTO 日本政府観光局

Senior Information先輩情報

国内勤務渡邉 航大

企画総室
デジタルマーケティングセンター
2019年度入構

「人を動かすマーケティング」を意識して、
より日本の魅力が伝わる
コンテンツを生み出していく。

入社動機

学生時代、日本語を教えるための勉強をしていた私は、国内に住む海外の方へ日本語を教えるボランティアなどに取り組んでいました。留学先のアメリカやメキシコでも日本語を教える機会を得て、将来は海外の方と関わる仕事に就きたいと考えていました。また、自分自身がどのような働き方をしてキャリアを積んでいきたいかをイメージした際、日本社会に貢献できるような機関で働きたいと感じました。教育機関への就職も視野にありましたが、日本語を学ぶ海外の方々は、詰まるところ日本に行くことを通過点・目標としている方も多く、海外の方がより日本と多くの接点を得る「観光」に着目することにし、その中でJNTOと出会いました。入構前から、海外の知り合いが「日本に行って楽しかった!」といってくれることに喜びを感じていましたし、日本をアピールしたり紹介したりする立場から、さらに多くのやりがいを見出せればと思いました。

現在の仕事内容

デジタルマーケティングセンターでは、JNTOが所有する多くのプラットフォームの運用を行なっています。私が担当しているのは、FacebookやInstagram、TripAdvisor、LinkedInといったSNSの運用です。SNS運用は私を含めた3名が日々更新することを目標に掲げて取り組んでおり、掲載する情報の収集や選定など、想像以上に目まぐるしい日々です。また、業界向けのウェブサイトの運用も行なっており、それぞれのメディアの特性やターゲットに合わせた訴求をしています。
掲載を検討する素材は主に旅行者目線で作成しており、加えて国内の各部署や各都市の観光協会や事業所から寄せられるものもあり、ある程度の年間スケジュールを意識しながら、47都道府県の情報をまんべんなく発信することを心がけています。掲載内容が決まると、ネイティブスタッフに作成を依頼し、表現のニュアンスの変更やキャッチコピーの修正などの細かなチェックを経てようやく完成となります。

仕事の面白さと難しさ

プラットフォームによってB to Cであったり、B to Bであったりというような特徴があるため、掲載内容の選定は毎回熟考しています。たとえば、Instagramならビジュアル重視に、ビジュアルに加えて文章で補足したいならFacebook、業界向けの情報ならLinkedInといった傾向です。また、これだ!と思って掲載したものも海外の方に刺さらず、思うような反響が得られないこともあり、訴求のポイントや表現などまだまだ学ぶ必要があると感じています。やはり日本らしさが伝わる鳥居やお寺といったものへの関心は高く、ビジュアルを魅せる際は、多少色味のコントラストを調整するなどの工夫も欠かせません。日々試行錯誤しながら取り組むものの、実際はやってみないとわからないことも多く、その点が難しさでもあり面白みにも溢れています。SNSの場合、反応がすぐに確認できることもやりがいになり、コメント欄を通してダイレクトにフォロワーの方々とやりとりできることも嬉しいです。私たちの仕事の最終目的は、人を動かすこと。投稿を見て、将来日本を旅する目的を見つけていただけると人の役に立てたと実感できます。

忘れられないエピソード

過去に、Instagramでどのようなコンテンツが見たいかというアンケートを取ったことがありました。そこで票を集めたのが国内の温泉だったのです。正直、意外な希望でしたが、その後、国内の代表的な温泉地をストーリーズに公開しました。すると、すぐに多数の反応があり、とても勉強になる!といったコメントをたくさんいただきました。反響の大きさに、ストーリーズは24時間しか閲覧できないという制限があるところ、ハイライト機能を活用していつでも見られるように設定したほどです。あのときは本当に、SNSの運用の影響力の大きさを感じずにはいられませんでした。

これからの目標

現在携わっている業務は、きっと将来訪れるであろう海外事務所への配属の際にも役立つ経験と捉えています。海外事務所に配属された際には、データに基づくマーケティングを基本としつつも現地の雰囲気や傾向を肌感覚で取り入れながら、その国々に最も刺さる情報や刺激を国内から取り寄せたいと考えています。また、観光業界にもトレンドがあるため、近年ならサステイナブルツーリズムや環境に配慮したエコツーリズムといった動向も逃さずキャッチしていきたいです。国境が開けば、国際的な観光が加速します。半年後、一年後、どのような流れがやってくるのか楽しみで仕方ありません。

1日の流れ

  • 7:30

    出社。その日の予定を確認。急ぎの作業があれば対応。

  • 10:30

    メールを確認。前日のSNS投稿における数値を確認。

  • 12:00

    ランチ。外食だけでなく、お弁当を購入し、オフィスで食べることもよくあります。

  • 14:00

    チーム内での会議や、事業者様との会議に出席。

  • 15:00

    今後のSNSについて、投稿案の確認。

  • 16:00

    終業。

私の「つながり」

私の「つながり」

デジタルマーケティングセンターで主にSNSの配信を一緒に担当しているメンバー。SNSを使いこなし、デジタルに強い中国出身の方と、様々な分野の経験がある方です。それぞれのバックグラウンドがユニークなため、投稿に対するユーザーからの見え方や組織の情報発信のあり方など、それぞれの経験を踏まえた多様な視点が発信に活かされています。私自身も個人アカウントによるSNSツールのアップデートは常に意識しています。しかし、2人がいるからこそより強固な体制が保たれ、魅力的な投稿につながっているのだと思います。

PAGE TOP