Senior Information先輩情報

国内勤務青島 美奈子

インバウンド戦略部
地域プロモーション連携室
芸術学部演劇学科
2005年度入構

自ら足を運ぶからこそ気付く
日本の魅力と地域の方々の想い。
日本各地と世界の架け橋になりたい。

入社動機

私はアメリカの大学に通い、卒業後は現地の会社でしばらく働きましたが、海外で生活する中で、日本について間違った認識がされていたり、また日本の多種多様な魅力があまり知られていないことを実感しました。
日本に帰国し新しい仕事を探す中で、日本の魅力を世界にPRするような仕事につきたいと考えていたところ、偶然にも日本政府観光局(JNTO)の求人を見つけ、応募しました。

現在の仕事内容

私が属する地域プロモーション連携室は今年の9月に設置された新しいセクションです。地方運輸局の皆様と連携しながら、インバウンドに取り組まれる国内の自治体や地域の皆様に対して、情報発信をしたり、インバウンドプロモーションに関するノウハウを共有するなど、インバウンドへの取組地域を増やすことを目的としています。
今年当室においては、国内10地域でインバウンドプロモーションに関するワークショップやインバウンドビジネスセミナーを実施し、来年はさらに3地域でのインバウンドビジネスセミナー、そして、東京・大阪でのシンポジウムなど、大きなイベントの開催を予定しています。
年度末まで慌ただしい状況が続きますが、カウンタパートである地方運輸局や地域の皆様が何を必要としているのかを考え、また、チームとして一人一人の視点や専門性を反映させることを意識しながら、日々の業務にあたっています。

私の「つながり」

仕事の面白さと難しさ

様々な地域で、様々な角度からインバウンドに取り組む、様々な方との出会いはこの仕事の面白さと言えます。こんな場所でもこんなに頑張っている方がいるんだ!こんなアプローチがあったんだ!といつも驚かされ、自分の勉強不足を恥じ、新たに学ぶ出会いばかりです。
他方、宿泊者数や消費額などといった成果を出すのは一朝一夕にはいかず、「これが正解!」という道があるわけでもないことは、この仕事の難しさと言えます。
この道でJNTOが少しでも地域のお役に立てるとするならば、インバウンドプロモーションの専門機関として、海外の訪日インバウンド市場に関するマーケティング機能を高め、その情報を国内に還元していくことではないかと考えています。

忘れられないエピソード

2009年から駐在していた米国で、由緒ある旅行雑誌「National Geographic Traveler」の訪日取材をお手伝いしました。メディアが取材を希望したのは徳島県三好市の祖谷渓。恥ずかしながら、この地域についてはこの時初めて知りました。レンタカーを借りて取材しながら四国を回りたいとの希望を伺い、四国運輸局や地域のレンタカー事業者の皆様のお力を借りながら無事取材が実施されました。
その後、掲載された記事は、読者からの反応のみならず、旅行記事を対象とした賞を受賞する等、高く評価され、記事を執筆したライターやフォトグラファーと記事のルートを共に辿るような旅行商品が造成されるに至りました。10日間ほどで1人80万~100万円程の旅行商品は、非常に人気が高く、取材支援から8年、記事掲載から掲載から7年経った今でも催行されています。
2012年に本部帰任後も、調査事業などで三好市のみなさんとはご一緒する機会があり、お取組みを拝見させて頂いてきたところですが、2017年の暮れには、米国の著名な旅行雑誌「Travel+Leisure」が選ぶ2018年に行くべき世界の旅行地50選(The 50 Best Places to Travel in 2018)に、日本から唯一選出されました。
祖谷地域は、今ではインバウンドに取り組む国内旅行地の成功事例として語られる存在となり、地方のインバウンドを引っ張る存在です。これからも近くで学ばせて頂けたらと思っています。

これからの目標

海外でJNTOが行っているPR活動の今と、国内の地方地域の取り組みとの両方について情報収集し、JNTOのPRコンテンツが過去の日本のままにならないよう、また地方地域のインバウンドPRにおける取り組みが忘れられることのないように、両側の現場で取り組む皆さんを橋渡しできるような存在になれたらと思っています。

これまでの経歴

  • 2005

    中途採用にてJNTOに入講。事業開発部 会員サービスグループに配属

  • 2008

    コンベンション誘致部に配属。初めて海外メディアの招請事業に同行し、メディアの視点に多くを学ぶ

  • 2009

    ロサンゼルス事務所に赴任。主に、現地旅行会社との共同プロモーション事業やメディア招請などに携わる。2011年には震災後の復興事業に携わり、米国西海岸地域の旅行業界のキーパーソン招請やメディア招請を実施したほか、域内の旅行業界向けに安全情報の提供を行うなど、米国からの訪日旅行者回復に向け、現地の旅行業界の信頼回復に取り組んだ

  • 2012

    本部帰任。海外マーケティング部 欧米豪グループに配属。米国市場を担当

  • 2015

    インバウンド戦略部 調査・コンサルティンググループに配属。月次統計を担当。不慣れな数字と格闘する毎日に苦しむ

  • 2017

    インバウンド戦略部 誘致戦略グループに配属

  • 2017
    9

    インバウンド戦略部 地域プロモーション連携室に配属。地方でのインバウンドプロモーション促進が大目標として掲げられるなか、地方地域でのインバウンドプロモーションに関するワークショップや、インバウンドビジネスセミナーの開催業務に携わる

PAGE TOP