Senior Information先輩情報

国内勤務小松原 早貴

企画総室 調査・マーケティング統括グループ
経済学部会計ファイナンス学科
2017年度入構

データに基づいた戦略立案や
関係者への適切な
アドバイスを通じて
日本のインバウンドを支える。

入社動機

JNTOを知ったのは大学1年生のときの統計学の授業でした。課題のレポートのテーマを探しているときに、訪日外国人が増えていることや訪日外国人に関連する調査があることを知ったのが最初のきっかけです。大学2年生のときには「あなたがJNTOの職員だったら、どの市場にどんなプロモーションをしますか?」というテーマのプレゼン大会に出場したことがありました。出場するにあたって、インバウンドの調査や統計・データについて調べているうちに、都道府県によって「アジアが多い県」「欧米人が多い県」といった特徴があることや国籍によって訪日中のお金の使い道が異なることを知って「これは面白い!」と思い、JNTOでインバウンドの調査や分析に携わりたいと思い、志望しました。

現在の仕事内容

調査・マーケティング統括グループで、インバウンドに関する統計・データの利活用に取り組んでいます。外部向けには、毎月の訪日外客数の集計・公表、観光関連のデータを集めたデータサイト「日本の観光統計データ」の運用をおこなっています。内部向けには、JNTO保有のデータやJNTO実施の調査結果について専用のツールでデータを可視化する取り組み、購入しているデータの活用方法等について他部署に共有する勉強会を開催し、JNTOの事業計画・戦略立案をデータからサポートしています。2019年度は、JNTOの地域プロモーション連携室と協力して、全国各地で開催されたセミナーで観光統計データや地域別のインバウンドの特徴に関する講演をさせて頂きました。

仕事の面白さと難しさ

統計・データや調査結果から新しい発見ができるところが、仕事の面白い点です。例えば、訪日外国人の年代によって訪問する地域に特徴があったり、他のアジアの国と比較して季節によって日本に来る外国人が多い時期と他国に行く外国人が多い時期があるといった状況に関して、統計・データや調査結果を活用して、その理由を探るのがとても面白いです。難しいところは、インバウンドを取り巻く環境やトレンド、調査に求められるものが日々変化していることです。新しい調査手法に挑戦したり、他の組織で調査を担当している方と情報交換をしたり、地域でインバウンドに取り組む方のお話を伺い、インバウンドの統計・データや調査にどのようなニーズがあるか把握するなど、JNTO以外の人と情報交換をすることで変化やニーズを捉えることを心掛けています。

忘れられないエピソード

統計情報を用いた分析・活用の成果が認められて、2019年度の理事長表彰を頂いたことです。たくさんの職員の皆さんから「おめでとう!」とお祝いの言葉をかけて頂き、とても嬉しかったですし、推薦してくださった上司に感謝しています。このように、JNTOは若手職員に活躍の機会がたくさんあります。チャレンジした成果が認められる組織の雰囲気がJNTOの良いところだと思います。他にも日々の業務で他部署からデータ分析や事業の相談を頂くことがあります。私が提案した内容が「役に立った」と言って頂いたり、データ分析の結果を基に書いたレポートについて「面白かった」と言葉を頂くことがとても嬉しいです。

これからの目標

インバウンドの統計・データや調査の専門家になりたいと思っています。データに基づいた戦略立案やインバウンドに取り組む関係者への適切なアドバイスで日本のインバウンドを支えていきたいです。インバウンドの成長に伴って、ここ数年でインバウンドに関する調査やデータが増えてきました。一方で、インバウンドの統計・データや調査の専門家が少ないとも感じていますし、データ分析の結果をどのようにプロモーションに反映するか追求しがいのある分野だと思っています。今後も知識と経験を積んで、日本のインバウンドの戦略立案やインバウンドマーケティングの高度化に貢献できたらと思っています。

1日の流れ

  • 9:15

    出社。早出遅出勤務制度を利用することもあります。

  • 10:00

    データ分析。データから得られた気づきをグループ内に共有してアドバイスを頂いたり、勉強会を開催して他部署に共有しています。

  • 12:00

    ランチ。オフィス周辺は美味しいお店がたくさんあります。

  • 14:00

    他部署とのミーティング。様々な部署からの統計・データの相談にのることが多いです。

  • 17:45

    退社。夏は退社後に、趣味の野球観戦やスポーツをするのが楽しみです!

私の「つながり」

私の「つながり」

私の上司を紹介します!私が所属する調査・マーケティング統括グループは、訪日外客数の集計・発表、各種調査事業、JNTO出版物などインバウンドに関するデータや調査に関する業務を幅広く担当し、JNTOのミッションの1つでもある「Information Hub(価値ある情報を集め、分析し、発信する)」を担っている部署です。困ったときには相談したり、いつも的確なアドバイスをくださる直属の上司の次長とマネージャーには、とてもお世話になっています。期待されている分その期待に応えたいと思い精進する日々です。

PAGE TOP