日本の魅力を、日本のチカラに。JNTO 日本政府観光局

dataデータで知るJNTO

JNTOで働く環境や、
職員についてのデータをご紹介します

環境について

  • 男女比
    男性(53%)、女性(47%)
  • 管理職男女比
    男性(72%)、女性(28%)
    ×
    管理職男女比
    男性(72%)、女性(28%)
    全国独立行政法人等の管理職に占める女性の割合は平均約15%(内閣府「独立行政法人女性参画状況調査」より)。JNTOは比較的女性管理職の割合が高い法人です。国内での部長、マネージャー職のみならず、海外においても、現在約3割の事務所で女性が所長を務めています。
  • 平均年齢
    38.5歳
    ×
    平均年齢
    38.5歳
    JNTOでは、1~2年目から主担当として業務を任せられることも多く、若手職員も大きな戦力の一員として活躍しています。職員同士の距離が近く、若手でも積極的に意見を出し合える環境にあります。
    プライベートでも、ランニングクラブや山の会のような同好会があったり、年に1回全職員が参加するクリスマスパーティーが開催されたりと、年齢や部署の垣根を越えて、職員同士の繋がりが深い職場です。
  • 海外事務所の数
    24事務所(設置準備中も含む)
    ×
    海外事務所の数
    24事務所(設置準備中も含む)
    現在JNTOは世界24都市に事務所を構えています。
    海外事務所一覧・各事務所の活動内容はこちらをご覧ください。
    https://www.jnto.go.jp/jpn/about_us/overseas_network/index.html
  • 1回目の海外勤務
    平均4年目
    ×
    1回目の海外勤務
    平均4年目
    新卒入構の職員は、ほぼ100%が複数回の海外勤務を経験することになります。赴任先は年に1度の希望調査や適正を元に決定します。
    海外事務所では若手職員も管理職として業務にあたっており、プロモーション事業だけでなく、総務、会計業務、現地スタッフの労務管理等、事務所の運営業務全般も担うことになるため、様々な面で成長できるチャンスといえるでしょう。
  • 年間休日・休暇数
    140日以上
    ×
    年間休日・休暇数
    140日以上
    土曜、日曜、祝日が休日となるほか、年末年始の休日、夏季休暇制度などがあります。夏季休暇は各々の都合に合わせて取得でき、有給休暇と合わせて長期間の休暇を取得することも可能です。また、有給休暇は年間最大20日間取得可能です。1年目の職員でも休みが取りやすく、仕事とプライベートのめりはりをつけ、上手に両立している職員が多い印象です。
  • 育休取得率
    (2019年度実績)
    女性100%、男性29%
    ×
    育休取得率
    (2019年度実績)
    女性100%、男性29%
    男女ともに、それぞれの希望に合わせて柔軟に取得ができます。
    女性が多い職場ということもあり、身近に仕事と子育てを両立しているロールモデルがいること、先輩職員に相談できる環境があるというのも、安心して働ける理由ではないでしょうか。
  • 育休復職率
    100%
    ×
    育休復職率
    100%
    時短勤務制度や子どもが体調不良の際に取得できる看護休暇など、仕事と子育ての両立をサポートする制度があり、復職後も安心して働くことができます。
    仕事と子育てを両立している職員のエピソードを、こちらでご紹介しています。
    先輩情報 松田 ゆかり

働いている職員について

  • 出身地は?
  • 趣味は?
  • ランチタイムは?
  • 何語が話せる?
  • 旅行におすすめの国は?
  • JNTOの魅力を一言で!

PAGE TOP